aroute.net

もののかたち

MonoGraph03 | 裸体について
大学院生の友人のブログ。
とても共感した記事でしたのでリンクさせていただきます。
直リンクやめれって場合はすぐ外しますのでご連絡ください。
例えばの話。
自分がプロダクトデザイナーになって、最高にかっこいいデザインができて、いよいよ製品化されたらば
もの凄いスピードでエレコムやらからシリコンケースが出るんだろうね。
それつけて使ってる人を見たら、泣くんだろうね。
大事にしてくれてありがとう、なんて思わないだろうね。
なんで買ったのって思うね。
間違っても「デザインがよくて」って言うなよ。
(そのシリコンケースが最高にお気に入りのものだった場合はギリ許せる)
デザインってなんだろう。
ちょっと極端か。
かっこいい、かわいいとても魅力的なケースだってもちろんありますよね。
(実際欲しいのもあったし)
要はせっかくのデザインを「イマイチ」にしないで欲しいという話ですね。
それをもっと好きになれるようカスタマイズするのはいいと思うのです。ていうかしてます。。
矛盾してるのかなー。。
100 % 気に入ったデザインのものってやっぱりなかなかないので。
そうだったらなんもしません。やっぱり裸体派。
すいません、一般人なのに。例えばの話なので。。
大学時代、真っ白な iPod にだいーぶ黄ばんだシリコンケースかぶせてる人を電車で見たときに
初めて意識した気がします。
今ではだいぶ落ち着いてるけど、あの頃はとんがってたんだなあ、自分。
頭でっかちだ。自覚してます。でも楽しい。
プロダクトは難しそうだなー。
追記:
長っ!笑
こういう話になると長くなるなー。
よくも悪くも SD 卒業生なんだなー