log.aroute.net

ウェブデザインと解像度

ウェブサイト、とくにHTMLサイトで最重要なのが、解像度対策。
いわゆる「ファーストビュー」。
これ考えないでデザインしている人はちょっとありえないんですけど。(いないと思いたい)
たまに横1024環境で横スクロール出るサイトあるけどね。イミフ。
ひと昔は800×600、最近までは1024×768がスタンダード。
今はワイド液晶がほとんど(家庭とかの話、企業デスクなど除く)で、1280とか1366が増えている。
ワイドだから縦、ファーストビューはあまり変わっていない。
デスクトップでは1920が増えてきている。フルHDカメラとか、ブルーレイとか。iMacとか。
3Dはウェブにはかかわりのないお話。多分ずっと。あっても映像だけだろう。
そんな高解像度化が進む中、タブレットやスマホの急増で、低解像度環境も増えている。
基本気にしないけど、みれたほうがいいよねとは思う。
とはいえiPadに最適化しているサイトをPCにも見せているサイトは異常。iPad大好きなんだろうから仕方がないよね。
1920に最適化なんてことは今後もないと思うけど、1024でも1920でも美しく。
そんで流行ってるのがリキッドカラム(リサイズするとサササーと並び変わるあれ)なわけか。
使いづらいまではいかずとも、ファーストビューに情報詰め込みすぎだと思う。
リサイズ制御が楽ちんなフルフラッシュ設計のなんと楽なことか。ジョブズめー。
個人的には、流行りに乗っかるよりとんがっていきたい。
レイアウトで美しく見せたい。上手くなりたい。
「あそこ真っ白でほっそいサイトばっか作ってるよなー」になりたい。
まとめ:いつもだいたい横900ピクセルでつくってます。

Instagram